政府系ファンドとは?

トリマーの求人状況で言えることは、1にも2にも人気職種であるが故に競争率が激しいと言う点です。

また就職先としての絶対数が現状ではあまりにも少なすぎるというのも、こうした競争率を上昇させる一因になってしまっています。

しかしこれだけペットブームが続いているのに、就職口の絶対数が少ないということは一体どういうことなのでしょう。

トリマーの主な活躍の舞台となるのは、トリミング専用サロン、ペットショップ、ペットホテル、動物病院あるいは一部の動物園、動物のプロダクションなどです。

こうした就職口の主なものはごく最近になってメジャーな就職口となったものが多く、特にトリミング専用サロンやペットホテルなどはこれから都心部を中心に、さらに数が増えていくのは必至です。

いずれは今の少なくとも2~3倍程度はこうしたショップが増えることでしょう。

とは言え、職を探している人にとって問題なのは現在の状況です。

またこうしたペット関連の職場はいったん都心部を離れてしまうと、極端なほどに数が減少してしまいます。

まさに都心部という環境の中だけで成立することができる職業なのです。

また一方ではトリマーは、定着率がそれほど高い就職口とは言えません。

その原因の主なものは待遇がさほど良くないことと、将来を展望した際のビジョンが描けず、トリマーという職業を捨ててしまう人が多いためと言われています。

しかしペット専用のサロンなどはショップのロケーションとスタッフの技術さえ高ければまだまだ伸びていく余地が多く残されています。

多少低い賃金であっても、あきらめないで自分の夢に向かって努力を重ねていく人にとっては可能性に満ちた職業だといえるかもしれません。

ページのトップへ戻る