宅建資格取得方法

数ある資格の中でも人気ナンバーワンといってもよさそうなのが宅建です。

正式には宅地建物取引主任者という名称で、不動産業界に就職・転職したい場合に非常に役立つ資格です。

現在不動産関連の事務所では従業員の5人に1人は宅建資格の取得者であることが求められているため、高い需要を誇っています。

そんな宅建は国家資格で国家試験に合格することが必要となります。

受験資格がなく誰でも受験することができるのもこの資格も大きな特徴です。

試験では宅地建物の取引に関わる幅広い知識が問われることになります。

試験内容は以下の7科目。

「土地の形質、地勢、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること」 「土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること」 「土地及び建物についての法令上の制限に関すること」 「宅地及び建物についての税に関する法令に関すること」 「宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること」 「宅地及び建物の価格の評定に関すること」 「宅地建物取引業法及び関係法令に関すること」 毎年10月の試験では20万人もの人が受験するというマンマス資格でもあります。

それだけに合格率も低く、毎年15~20%の間を推移する水準となっています。

とはいえ、独学での資格取得も十分に可能なため、働きながら資格取得を目指す人が多いのも大きな特徴といえるでしょう。

不動産という大きな取引に関わる仕事だけに重要度も高く、この資格を持っていれば働き口に困らないとも言われています。

就職・転職に役立てたい資格の筆頭に挙げてもよいのではないでしょうか。

ページのトップへ戻る