国際カードって何?

国際カードとは、国際キャッシュカードのことです。

海外の各地のATMやCDを使い、その国の通貨で貯金を引き出すことのできるカードです。

クレジットカードでは、国内カード会社の系列枠を越えて世界どこでも利用できるクレジットカードのことです。

クレジットカードで国際カードと呼ばれるためには、全世界に加盟店があり、どの国でも問題なく使える汎用性がなくてはいけません。

現在国際カードとして通用しているのは、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、VISA、マスターカードそしてJCBです。

VISAカードとマスターカードは全世界の加盟点数が圧倒的に多く「世界の2大カード」と呼ばれています。

国際カードには決済の利便性に強みを持つ「決済カード」(VISAとマスターカード)と、旅行や娯楽面での利便性に強みがある「T&Eカード」(JCB、アメックス、ダイナース)に分けられます。

国内ではあまり感じられないことですが、海外でのカード利用はビジネスシーンプラベートでカードの利便性に助けられこともありますから、できれは双方のカードを準備しておきたいものです。

最近は国内の、どのカード会社もこれらの国際カードと提携してその汎用性は国際カードと変わりがなくなりました。

本来、国際カードと呼ばれるためには、独自の力で世界各国の加盟店を開拓できること、世界中どこでも通用する信用決済システムを持っていること、世界時間に対応して24時間のオーソリゼーション体制が整備されていることが必要です。

世界中のどこの国でカードが利用されても、遅滞な確実に決済されなければけいけないのです。

日本国内に数あるカード会社の中で、独自の力でこの条件をクリアして世界カードして肩を並べることができているのはJCBだけです。

ページのトップへ戻る