豪ドルの特徴は?

政策金利が日本と比べると驚くほど高いことでも有名な豪ドルは、南半球にあるオーストラリアが発行している通貨です。

豪ドルを発行しているオーストラリアは天然資源に恵まれているため、国民一人当たりのGDPは先進国と方を並べるほど高いという特徴を持っています。

しかし、実際にオーストラリアの経済を見てみると、天然資源の輸出を行なう第1次産業と、サービスを行なう第3次産業はとても盛んなのに、中間に位置する製造、つまり第2地産業があまり発展していないという特徴を持っています。

実際にオーストラリアを訪れてみると、農業地帯が広く広がっていて穏やかな田園風景、もしくは人間の手がつけられていない大自然が国土の大半を占めるなど、オーストラリアの経済が手に取るように理解できるかもしれませんね。

豪ドルを発行しているオーストラリアの経済は、個人消費に大きく支えられているという特徴があります。

そのためインフレ傾向も常に懸念されているため、インフレを止めるという目的で政策金利も常に高めに設定されているのだそうです。

その政策金利の高さを上手に利用したのが、豪ドル・日本円の通貨ペアによるスワップ取引ですよね。

オーストラリアは強い天然資源にささえられているため、経済規模は大きくありませんが、経済大国の仲間入りをしています。

また、オーストラリアが発行している豪ドルもメジャー通貨として安定しています。

FX取引でオーストラリア通貨を利用する投資家も少なくありませんし、オーストラリアの政策金利がわずかに上昇する度に大勢の投資家が豪ドルを求めて買い注文を出すのだそうですよ。豪ドルMMF

ページのトップへ戻る