育毛剤の効果は

育毛剤は製品によって良く効く人とまったく効かない人に分れます。

これはどのように有名な育毛剤でもあることです。

その原因は、脱毛や薄毛などの原因が非常に多く存在しているからです。

頭皮が乾燥しているために発毛が妨げられている場合に、肥料となるような成分の育毛剤を与えても効果はありません。

このような症状の際には、まず保湿をし、頭皮に充分なうるおいを与えてあげることが優先されなければなりません。

しかし一方ではどのような脱毛や薄毛の場合でも、ある程度共通した原因もあります。

それは頭皮の血行が不足している状態になっていることです。

このような場合には、ミノキシジルなど、血行を促進してあげることで頭皮の血液の流れはスムーズになり、毛母細胞へも充分な栄養や酸素などが運ばれることになります。

また塩化カルプロニウムも、頭皮の血行を良くして円形脱毛症などの場合でも、かなりの効果があります。

脱毛の原因として最も大きな因子は、男性ホルモンですがこの原因とされているDHTは、5-αリダクターゼと呼ばれる酵素がテストステロンに影響を及ぼすことによって発生します。

そこでこの過程を阻害するような物質があれば、男性型脱毛症が改善されることになります。

このような場合に最も良く用いられているのが、フィナステリドです。

服用するタイプの育毛剤の代表的な存在である、プロペシアにはこのフィナステリドが多く含まれています。

このように一見同じようにみえる脱毛や薄毛でも、原因が異なっているケースが多いため、一度専門医に相談して自分に効果のある育毛剤を教えてもらう方が、脱毛を改善する早道だと言えるでしょう。

ページのトップへ戻る