FX自動売買システムは勝てない?初心者向けおすすめソフト9選

FX初心者のためのFX自動売買システム投資サイトです。自動売買の始め方ややり方に関して分かりやすく解説しています。
トップページ > FXで敗者にならないためには暴落の危険があること
ページの先頭へ

FXで敗者にならないためには暴落の危険があること

FXで敗者にならないためには暴落の危険があることもきちんと理解しておくことが重要です。

暴落の危険性は低くてもどの取引にもリスクの可能性があることを考えた取引をしてください。

FXに絶対という言葉はありえないので自己責任においてリスクも考えた取引をします。

例えば、ドル取引は利益が出しにくいですが、その代わり、リスクの割合も低いです。

FXで一番大事なこととなるのは、経済指標なのです。

指標によって、レートが乱高下するケースも珍しくはありません。

特に有名な指標は、アメリカの雇用統計だと思います。

アメリカの雇用統計が強いと円安ドル高になることが多く、弱い場合には、円高ドル安といったことになるのです。

FXで使われる手法の一つに「逆張り」というのがあります。

逆張りは、一定の範囲で動くレートのレンジ相場にぴったりの技術です。

トレンドラインを引いて上値抵抗線もしくは下値指示線に近づいたら逆張りを試すなどトレーダーにより手法が変化します。

トレンド相場とは、やはり相性に懸念があるので、注意した方がよいでしょう。

FX投資が初めての人には、なかなか受け入れにくいものが、ロスカットでしょうjけど、であるなら、ロスカットの重要性にはそもそも如何なることがあるのでしょうか。

まず、FX投資に慣れていない人の大多数によくみられることは、損切りしなくてはいけない状況になっても、自分が損切りをしたタイミングで相場が逆になってしまうのではないかと思って、取引を終了させることができないことです。

FXを本業にするのならば、本業における収入と同じだけの利益が外国為替証拠金取引で上げられるかどうかです。

本業がちゃんと存在し、副業としてFXに投資している場合は、そのプレッシャーのなさもあって、もしかしたら本業よりも利益を上げることができていたかもしれません。

しかし、FXを本業にするとなると、それだけ緊張します。

FX投資により得られた利益は課税対象ですから、確定申告が必要になるのですが、年間を通して、利益を出せなかったならしなくてもよいです。

でも、FXによる投資を続けるなら、利益が出なかったケースでも確定申告をしておいた方がいいでしょう。

確定申告をしておいたら、損失の繰越を控除できるため、最も長くて3年間、損益を通算できます。

FXで勝つ秘訣は事前に、利益確定や損切の規則を定めておくことです。

仮に、定めていないと、損益がプラスの際にどの水準までポジションを持ち続けていいか判断が遅れがちになりますし、損失が発生している時には、ポジションを持ち続けてしまって、損失金額が増大する恐れがあります。

株式の取引には自動的に税金を差し引く特定口座が存在するのに対し、FXトレードの場合はまだ特定口座が存在しないため、税務署に自分で税金を納める必要があります。

だけど、計算間違いや、つい忘れたりして過失による脱税が増えています。

税率が株式と同じ程になったFXでも特定口座制度を設けることが期待されているのです。

口座開設だけならFXの知識が無くてもできます。

申し込み画面の案内に従い操作するだけのことなので、パソコンや投資に詳しくなくても大丈夫です。

しかし、簡単さ故に、高いリスクもあります。

誰でもFX口座を開設できてしまうので、知識ゼロの状態で取引に踏み込んでしまう人もいるのです。

ここ数カ月のうちに円安が急激に進み、その後も乱高下が繰り返しとなっている為替市場ですけれども、FXで利益を大きく出している方も多く存在すると思います。

イメージキャラクターに大島優子が抜擢されていることで話題性がアップしている外為オンラインで新規口座を開設してFXを始めたという方も結構存在するみたいですね。
Copyright (c) 2014 FX自動売買システムは勝てない?初心者向けおすすめソフト9選 All rights reserved.