FX自動売買システムは勝てない?初心者向けおすすめソフト9選

FX初心者のためのFX自動売買システム投資サイトです。自動売買の始め方ややり方に関して分かりやすく解説しています。
トップページ > FX投資で生まれた利潤には税金を払わなけ
ページの先頭へ

FX投資で生まれた利潤には税金を払わなけ

FX投資で生まれた利潤には税金を払わなければならないのでしょうか?FX投資により取得した利益は税制上、「雑所得」にあたります。

年間の雑所得の合計が20万円より下回っていれば、税金は発生しません。

しかし、雑所得の合計が20万円以上である場合には、確定申告の手続きが必要です。

税金を支払わずにいると所得隠しになってしまいますので、どうぞ覚えておいてください。

FX投資による利益は課税の対象ですから確定申告が必要ですが、1年を通じて利益を出せなかった場合にはする義務はありません。

しかし、FX投資を続けるなら、利益が出なかったとしても確定申告をした方がいいです。

確定申告をしておけば、損失の繰越控除が使えますから、最長で3年間、損益通算が可能です。

FXにおけるシステムトレードというのは事前に売買ルールを定めておき、裁量を交わさずに注文をする取引方法のことです。

ツールを用いることが多く、取引の時に、精神的なストレスをあまり感じず、注文を躊躇せずにすむのがいい部分です。

ただし、システムトレードでは、市場の急激な変化に対応できないこともあります。

FXのスタートの仕方としましていくつか頭に入れておきたいことがあります。

基本用語やトレード方法についてはネットなどでもたくさん紹介されていますが、自分自身のトレードスタイルに合った業者をチョイスすることが大切なことです。

為替取引を行うときにはリスクを伴うことも忘れないようにしておきましょう。

外国為替証拠金取引では投資家の失う金額が増大しないように、一定の割合を超えた損失が発生すると強制的にロスカットするシステムを採り入れています。

相場が急に変動したり、翌日や週明け、大きな窓を開けて為替相場が始まると必要証拠金の維持率を大きく下回ってしまい、証拠金を超過する損失が発生するケースがあります。

FXには専門用語が多数存在しますので、FXを初めて行う方は、よく使われる専門用語を覚えた方がいいです。

FXにおけるポジションもFXで投資を行う場合に専門用語の一つとして、頻繁に使われます。

ポジションというのは、直訳では「位置」という意味ですが、外国為替証拠金取引では「持ち高」のことをいいます。

持ち高という用語が指し示すのは、その人が通貨を持っている状態のことを意味します。

FXで使用されるテクニカル指標として多くの人に用いられているのがボリンジャーバンドと呼ばれている指標です。

トレンドの規模とトレンドの方向が視覚的に分かりやすく、トレンドが出現したらエクスパンション(バンド拡大)が現れるので、トレンドフォローのトレードに最適です。

その反対に、バンドの収縮はトレンドが終了する兆候として使用することができます。

FX投資に取り掛かる前に、所有する通貨数を決めておくというのも大切です。

所有通貨量を前もって決めておき、さらに上のポジションは所持しないようにしてください。

こんなふうにしておくことで、勝つことができても利益は減りますが、損失も出にくくなります。

FX投資の場合、移動平均線やMACD、ストキャスティクスなど複数のラインを使用したテクニカル指標を利用して専門的な分析を行うことがよくあります。

それら数々のラインが下限の位置で、下から上へ交差する現象をゴールデンクロスと言い、買いエントリーする時期を判断するのに、使用しています。

初めてFX投資を行う方も記憶しておいたほうがいいでしょう。

FXは、事前に入金した証拠金の数十倍の金額のトレードが出来るレバレッジと呼ばれているメカニズムがあります。

レバレッジを効かせれば大きな収益を得られますが、逆に、失敗したケースでは莫大な損失が出るケースがあり、これが短所だと言えます。

損失が預けている証拠金を超過した場合、さらに不足した金額を支払う必要があります。
Copyright (c) 2014 FX自動売買システムは勝てない?初心者向けおすすめソフト9選 All rights reserved.