FX自動売買システムは勝てない?初心者向けおすすめソフト9選

FX初心者のためのFX自動売買システム投資サイトです。自動売買の始め方ややり方に関して分かりやすく解説しています。
トップページ >
ページの先頭へ

FX自動売買システムは安定して勝てないのか?

為替差益で稼ごうとする際に、通貨の売り買いの時期を判断する要素の一つとなるのが外貨の持高比率です。

ポジション比率とは取引対象通貨の組み合わせが保有されている為替損益を計算したものです。

FXの為替損益を知るには、企業のサービスを利用してくれている人達のポジション比率を公開しているFX業者のホームページをみるといいでしょう。

外国為替証拠金取引で勝つ秘訣は事前に、利益確定や損切の規則を作っておくことです。

もし、設定していないと、損益がプラスの時にどこまでポジションを持ち続けていいか判断が遅れる場合も考えられますし、損失が出ているケースでは、ズルズルと保有し続けて、損失が大きくなるリスクがあります。

FXにて米ドル円やユーロ円といった決済通貨が円の通貨ペアをロングしてから円安になると為替差益が出ます。

円安の方向に動けば動くほど利益が増えていきますが、逆に、円高に行ってしまうと含み損が発生してしまいます。

いつポジションを取るのかということがとても重要です。

FX初心者が気を付けておくべきことはレバレッジを管理することです。

市場が予想と逆に行っているにもかかわらず、適当な気持ちでナンピンすると、気が付くとレバレッジが高くなっていて、証拠金維持率などをいつも気にしていないと強制的に決済されてしまいます。

強制的に決済させられると、大きな損になることがほとんどです。

FX投資が初めての人には、なかなか受け入れにくいのが、ロスカットですが、だったら、ロスカットの重要性にはそもそも如何なることがあるのでしょうか。

まず、FX投資に慣れていない人の大多数に少なくないことは、損切りのタイミングが来ても、損切りをした途端に、レートがひっくり返るのではないかと思って、損切りができないことです。

FX会社が潰れてしまった場合には、入金しておいたお金を失うことがあり得ますから、信頼性をちゃんとチェックして選択してください。

また、レバレッジは有利になる面もありますが、デメリットともなり得ます。

元本以上の金額を扱うことができるのは有利な点ですが、うまく利用しないと大きな損失を負う結果となるのです。

運が良いだけではFX投資は利益を出すことはできないでしょう。

だいたいFXというのは、FXの仕組みそのものを把握できていないと必ず継続して利益を上げることはできません。

FXに関連する本などで学んだり、シミュレーションをしたりして利益を生じさせていくには、どう動くのがいいのかしっかりと考えていくことが大事です。

参考:FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

FXの口座開設に関してデメリットになることはないのでしょうか?口座を開いたところでお金が必要な訳ではありませんし、口座維持にお金はかからないので、損はないと思います。

ですから、FXに興味を持っている人は取引云々はひとまずおいて、口座だけ試しに作るのもいいきっかけになるかもしれません。

FX投資を開始する際に覚えておくべきなのがFXチャートの見方だ。

FXチャートは、為替相場の変動をグラフ化したものだ。

数値だけじゃ見づらいですが、グラフ化することによってわかりやすくなります。

FXチャートを活用できないと利益を出すことが難しいので、見方を理解しておきましょう。

FXのスプレッドというものは狭い方が得です。

スプレッドの幅が広がるほど利益が出るのに時間も掛かるし、リスクも高くなります。

とりわけ初心者の場合は、スプレット幅の設定が狭いFX業者を選んだほうが賢明でしょう。

そして、デイトレードやスキャルピングトレードも、スプレッドが狭いと有利とされています。

FXの主流は、短期の取引です。

FXの主流は、短期の取引です。

デイトレと一般的には呼ばれています。

デイトレでいう「デイ」とは、日本時間で指す0時から24時ではなく、ニューヨークでの時間です。

要は、世界の金融は、ニューヨークが中心となって回っているということなのです。

短期トレードは価格が急激に変化する危険度が低くなりますが、その分、大きい利益も得にくくなります。

外国為替証拠金取引を本業にするには、本業における収入と同等の利益がFXで上げられるかどうかです。

本業がちゃんとあって、副業として、外国為替証拠金取引で稼いでいたら、その気持ちの上での余裕もあって、ひょっとして本業よりも利益を上げることができていたかもしれません。

しかし、FXを本業にするとなると、それだけ緊張します。

FX口座を作るのは容易ですが、トレードで収入が得られるかどうかは別のことになるので、前もって勉強しておいた方が得策です。

さらに、FX会社によって少々口座開設についての条件内容が変わります。

その条件に該当しなければ口座開設は無理なのでご留意ください。

FX業者はデモトレードが設置してある場合が結構あります。

本口座を開設する前にバーチャルマネーで実際に行う取引環境を確かめることができたりします。

デモなので、失敗しても損失は発生しませんし、リアルマネーの投入をする場合には恐ろしくてできないような大胆なトレードをすることもできます。

長年、FXで取引してる人はロスカットがどれほどトレーダーを救うものかということを知っているはずです。

でも、それでもFX取引を始めたての頃は、ロスカットになるのがイヤでだんだんと損失が大きくなってしまったということがあるかもしれません。

FX投資を行う時には、損切りが重要視されています。

もし、損切りができないとすると高い確率で負けます。

損切りとはリスク管理という意味ですから、これができないとお金を大損するかもしれません。

初心者が失敗する多くの原因は、損切りするのが遅いからです。

損切りを後にして大損をする場合が多いでしょう。

FXで米ドル円やユーロ円といった決済通貨が円の通貨ペアを買った後に円安になると利益となります。

円安方向に行けば行くほど利益が増えますが、逆に円高方向に向いてしまうと含み損となってしまいます。

いつポジションを取るのかということがとても大事です。

FXに出会って数カ月から数年重ねると、段々、自分なりの勝ち方が予測できるようになります。

業者が用意しているテクニカルツールを使ってみたり、独自のEAを使うことで、自分なりの取引手法を確立することが長期に渡って勝つためにはポイントになります。

アービトラージという取引方法を行う際に欠かすことが出来ない事がFX取引の申し込みをどこでするかです。

この業者間の差がわずかばかり違うだけで、取引回数が増える中でFX取引により得られる所得が大きく異なることがありますので、常に各FX業者のシステム上の特徴を比較することがキーポイントです。

また、FX取引の取り扱いが新しくはじまった業者を確認するのもおすすめです。

FXでは取引を開始する以前に業者に保証金を預けますが、レバレッジを用いるとこの預けた保証金に対し、数倍から数十倍程度の金額まで取引を行っていけます。

レバレッジを利用していくことでハイリターンにもなりますが、その分、同じようにハイリスクとなる可能性もあるということです。

FXで勝つ秘訣は予め利益確定や損切の規則を作る事

FXで勝つ秘訣は予め利益確定や損切の規則を作っておくことです。

仮に、定めていないと、損益がプラスの際にどのレベルまでポジションを持ち続けていいか決断が難しくなりますし、損失が発生しているケースでは、決断ができなくなってしまって、損失額が増大する危険性があります。

FX投資というのは運だけでは利益を出すことはできないでしょう。

FXは、FXの仕組みというものをよくわかっていないと決して続けて利益を生むことはできません。

FXに関した書籍等で学んでいったり、模擬の練習をして利益を出すには、どうすればいいのかゆっくりと考えてみることが大切です。

FXのスワップとは、外貨を購入する時に借りた通貨の金利と購入した外貨の金利の差のことです。

スワップと略されることも少なくありませんが、正確な専門用語としては、スワップ金利又はスワップポイントという名で呼ばれています。

このスワップ金利は毎日変化していて、その通貨を手放さない限り受け取れます。

FXで肝心なのは、経済指標というものです。

このような指標により、レートの乱高下が発生するといったことも珍しくはありません。

何より有名な指標は、アメリカの雇用統計だと思います。

この指標が強い時には円安ドル高になる傾向があり、弱いと、円高ドル安になります。

FX投資の場合、移動平均線やMACD、ストキャスティクスなどいくつものラインを使用したテクニカル指標を利用してテクニカル分析をすることが少なくないです。

それら数々のラインが下限の位置で、下から上へ向けてクロスする現象のことをゴールデンクロスと称し、買いエントリーの頃合いを判断するのに、使用しています。

初めてFX投資をする方も忘れないでおいたほうがいいでしょう。

FX投資開始の際に忘れてはならないのがFXチャートの流れを知ることです。

FXチャートとは、変動する為替相場をわかりやすくグラフ化したものです。

数値のみでは理解しにくいですが、グラフ化することで見やすくなります。

FXチャートを活かさないと利益を求めにくくなるので、きちんと見方を覚えておいてください。

FX投資を試みる前に、所有通貨数を決定しておくということも重要です。

所有する通貨量を先に決めておき、それ以上の位置は持たないでください。

このようにした結果、儲かっても、利益が薄くなりますが、損失も小額になります。

FXには逆張りと呼ばれる方法があります。

逆張りは、一定の範囲で動くレートのレンジ相場にうってつけの手法です。

トレンドラインを引いて上値抵抗線もしくは下値指示線に近づいたら逆張りを使うなどトレーダーごとに手法が違ってきます。

ですが、トレンド相場とはうまく連動しないので、注意した方がよいでしょう。

外国為替証拠金取引は少額から開始する事ができ、レバレッジ効果を利用すれば実際に預けている証拠金の何倍ものポジションを持つことができるので、スタートする時の見込みは相当高いと思います。

しかしながら、その分、危険性も同じくらい高いことを心に留めておきたいものです。

FX投資で得られた利徳には税金がどのくらいかかるのでしょうか?FX投資で得た利益は税制上、「課税所得」となります。

一年間の雑所得の合計が20万円以下である場合は、課税対象外になります。

しかし、雑所得の合計が20万円以上になる場合には、確定申告を行う必要があります。

税金を払わないと脱税となりますので、ご注意してください
Copyright (c) 2014 FX自動売買システムは勝てない?初心者向けおすすめソフト9選 All rights reserved.